• ホーム
  • 陰茎が立たないという理由で慰謝料に発展することも

陰茎が立たないという理由で慰謝料に発展することも

2020年02月26日

夫婦生活を円滑に進めるために性生活は欠かせませんが、中には陰茎が立たないなどの災難で性生活が出来なくなることもあります。
これはEDと呼ばれており、誰もがなってしまう可能性があります。
勃起をしても性交渉の途中で萎えてしまう、勃起しても十分な硬さが得られない、などの症状もありますが、これらもEDに含まれます。
そのため、多くの男性がEDに含まれると考えて良いでしょう。
夜の性生活が滞ってしまうと夫婦の関係が険悪になるだけでなく、離婚に発展することもあります。
EDによるセックスレスが直接の離婚理由にはなりませんが、EDの治療をせずにほったらかしにしておくと、慰謝料を請求されることも考えられます。
現在はEDの問題が深刻となっているため、治療方法の研究が進んでいます。
日本でのED治療は自由診療となっているため、クリニックが自由に診察料を決めることが出来ます。
そのため、初回の診察料を無料にしているクリニックも少なくありません。
男性スタッフばかりが揃っているので恥ずかしさもありませんので、安心して診察を受けることが出来ます。
現在のED治療は薬の服用ですが、安価なジェネリックもあります。
インターネット通販などで手に入るので、自分に合った治療薬を選びましょう。
バイアグラなどと同様の成分ですので同じ効果が得られます。
ペニスの内部には海綿体と呼ばれるスポンジ状の部位があります。
海綿体には毛細血管が張り巡らされており、ここに血液が溜まることで勃起をします。
つまり血液の流れが滞ってしまうと十分に勃起が出来ないのです。
現代人はジャンクフード中心の乱れた食生活ですので、血液がドロドロになってしまいます。
そのため、青魚などを食べてサラサラの血液にすることもEDに効果的です。